今回は少し法人目線のブログです。

一番優れた求人媒体は、、、

「合同就職説明会です」と言いたいところですが、そんなことは全然ありません。あくまで求人媒体の一つだと思っています。

もちろん就職説明会を主催しているわけですから、特別な思い入れがあります。私たちが開く就職説明会に遠く北海道や九州から学生の方や、転職を考えておられる方が来られることもあります。

遠方で就職を考えられている方にとっては、参加できる就職説明会はほとんどなく、そんな方々に役に立てていることがとても嬉しいです。

 

ハローワークも求人媒体として非常に優秀ですが、今回お話しようと思っている求人媒体とは違います。もちろん無料で掲載できて、インターネットでも検索できるハローワークは必ず利用したい求人媒体であることに間違いありません。

 

では、最も優れた求人媒体はと言うと、それは「現在働いている職員」です。私が会社を設立した際に教えていただいた考え方で、とても大切にしています。

現在働いている職員が、新たな職員を紹介してくれるということは、紹介してくれた職員自身が職場に満足しているということです。当然離職率も軽減し、勤続年数も長くなるので、会社としては助かることばかりです。

闇雲に「誰か知ってる人いない?」と紹介をお願いするのはあまり意味がなく、「いい職場だからあの人にも働いて欲しい」と思ってもらえることが理想です。

 

そのためには

職場環境の改善をする

人間関係の問題、勤務時間の問題などなど求人をかける前に現在働いている人たちが、気持ちよく働ける環境を作ることが大切です。大きな変更はなかなかできないですが、小さな環境の変更でも少しづつ行うことが大切です。直接的な改善が難しい場合でも、話を聞く、代替え案を出すなど何らかのアプローチをしていくことが必要です。

 

現在働いている職員の不満は隠さず求職者に伝える

職場見学や、面接の時にはついつい働いて欲しい気持ちから、いいことを伝えたくなります。しかし、見学の時に聞いた話と実態が違えば「話が違う」「騙された」と不満が大きくなってしまいます。不満を持ちながら働いていると、結局離職に繋がりますし、他の職員に悪い影響となります。職場はメリットもデメリットもきちんと伝えましょう。

 

こんなことを書きながらも、私の会社でも療法士の方、看護師の方、事務の方、いつも簡単に採用に至っているわけではありません。ですが、今後も少しでも多くの方に「いい職場だから、あの人にも働いて欲しいな」と思ってもえるよう、少しずつ努力しようと思います。