4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_s

転職をしようとしている療法士の皆さん、転職も大事ですがその前に退職しないと行けません。

年間数十人の方を面接していますと、「転職の時期は決まってないですが、就業規則には30日前に伝えれば良いと書いてありましたなので、再来月からの入職を希望します。」

という方もいらっしゃいます。

また、民法では退職の意思を示すのは2週間前で良いとされています。

が、退職届を出すのはいつがいいのでしょうか?

 

退職する職場にも多少の配慮が必要

職場にもよりますが、リハビリスタッフが大勢いる職場では30日もあれば、なんとでもなるかもしれません。小さな法人ともなれば利用者さん自身にも迷惑をかけてしまうことにもなります。

じゃあどれくらい前に伝えれば良いのか?

これは法人によると思います。30日前でも十分な法人もあれば、60日くらいが適切な法人もあるでしょう。ただ、60日以上となると役職でもついてない限り必ずしも配慮が必要だとは思いません。

訪問やクリニックなど、なかなか代わりの療法士が見つからない職場であれば、別の事業所への移行を考えなければなりません。それでも60日あれば可能だと思います。

引継ぎや、代わりとなる職員がいないことを理由に退職を引き留める職場は多いですが、他の事業所への移行を手伝うなど、退職者から利用者さんや家族さんへの配慮を伝えるのも一つの方法かと思います。

とは言え「新しい療法士が見つかるまでは退職は認めない」なんて話に応じる必要はありません。

 

こんなことを書きながら一緒に働く療法士たちに話を聞くと、「3ヶ月~6ヶ月前に退職の意思を伝えた」という方がほとんどでした。そういえば、私も回復期の職場を辞める意思を伝えたのは6ヶ月くらい前には伝えていましたね。

誰に伝えればいいのか

これは直属の上司に一番に相談するのが一番だと思います。自分にとっての直属の上司が誰かは考えてみてください。ただ、人事権がない人に退職の意思を伝えても人事権のある人間に届かない事も多々あります。

まずは直属の上司に「〇月〇日に退職を考えています。どうすればいいでしょうか?」と相談しましょう。多くの場合はそこで、「なぜ退職したいのか」「退職せずに解決できる問題はないのか」と話し合うことになります。

解決できる問題があるなら、解決してもらいましょう。

ただし、退職の意思が固い場合には「次にやりたいことができました」や。「〇〇の勉強がしたくて△△で働こうと考えています」など、前向きな退職理由を伝えましょう。

退職理由が前向きであればあるほど、退職を止めるのは難しいです。

退職が決まった後も、利用者さんや同僚に退職が決まったことを伝えるのは控えましょう。周りを不安にさせる可能性があります。退職が決まったことを周りに伝えるのも、上司と相談しましょう。

面接にも影響する

前職場の退職届のタイミングは、面接にも多少は関係します。法律として認められていることと、利用者さんへの配慮や他事業所への配慮がきちんとできているかは別問題と捉える面接官が多いでしょう。

面接時に例え本当であったとしても「いつでも辞めることができますよ」というのは良い印象を与えないので、注意が必要です。退職も次の職場を見つけるのも計画的に行っているというのは、面接官にとっても好印象を与えます。

 

狭い世界ですし、円滑な退職を行うことで次の職場でも働きやすくなることかと思います。